構造

structure 将来を見据えた、永住品質を実現するための高水準の居住性能。

コンクリートスラブとフローリングの間に遮音に考慮した二重床構造を採用しました。二重床及び二重天井の空間内に設備配管を行うことにより、配管等のメンテナンス性が向上。照明位置や間取り変更に伴う設備機器の移設など、将来のリフォームにも対応しやすいシステムです。

コンクリート床スラブ厚は275mm〜300mm(一部水廻りとDタイプの一部を除く)を確保。天井も遮音性に配慮した二重構造とし、空気層を設けて上下階の生活騒音を軽減します。

静かで快適な居室環境を確保するため、窓には遮音性の高いT-2等級防音サッシを採用。野外の音を30dB(デシベル)低く抑える性能を持ちます。

2枚の板ガラスの間に空気層を設けたペアガラスを採用。断熱効果が期待できるため、冷暖房費を節約でき、省エネにも貢献します。

床構造の275㎜〜300㎜(一部水廻りとDタイプの一部を除く)厚の中空スラブ工法を採用することで床の剛性を高め、住居内への圧迫感を生み出す小梁をなくすことができました。また遮音性や弾力性に優れた置床式構造を組み合わせて採用することで、レベルの高い静音設計を叶えています。

鉄筋を格子状や箱状に組み上げる工程で、主要な床・壁の構造部は鉄筋を二重構造に組むダブル配筋に。耐震耐久性に優れた構造です。
(外壁厚さ150mmの壁は千鳥配筋)


万が一の地震時に玄関扉の枠が歪んでも扉の開放を容易にする耐震ドア枠を採用。

外壁には150mmの厚さのコンクリートに、発泡硬質ウレタンフォームやプラスターボードを採用、より断熱性・遮音性を高める構造としました。

隣接する住戸間の壁厚は約200mm〜280mmとしました。強度と耐震性及び、隣り合う住戸からの気になる生活音に配慮しました。

住宅の性能を国指定の第三者評価機関が、設計段階や建設中、数回に渡りチェックを行い初めて認定される「住宅性能評価」を取得。

この保険は、住宅事業者が万が一の時に瑕疵の修理等が行われない場合には、住宅取得者に直接保険金が支払われます。

高圧一括受電システム

オフィスビルでは管理会社が電力会社と契約して、まとめて電力を割安に購入するのが一般的です。
そのシステムをマンションに応用したのが「高圧一括受電システム」です。

電力会社との契約には一般家庭が個別に契約する「低圧契約」と大口業務用の「高圧契約」があり、電気の使用料金単価は「高圧契約」の方が割安となっています。そこで当物件では、各入居者ごとの個別契約(低圧契約)ではなく、マンション一棟の一括契約(高圧契約)に変更することで電気代を安くするマンション一括受電システムを採用しています。

断熱等級が高ければ、それだけ建物の断熱性が上がります。したがって暖冷房費を節約することが
できます。

「エイリックスタイル錦町ザ・テラス」は、住宅性能評価高齢者等配慮対策等級4以上
(共同住宅の専用部分は等級3)というバリアフリー性仕様を施してあります。